7rpn’s blog: うわああああな日常

好きなことをつらつらと。

誰も知らない夜景の名所へ。岩屋堂公園-岩巣山展望台を歩く

愛知県で今一番Hotな紅葉狩りスポットと言われている,岩屋堂公園へ行ってきました。 もちろん愛用のGM1を持って。

岩屋堂公園はYahooで"愛知県 紅葉"と検索すると二番目に出てくるくらいなので,愛知県の人には有名なんですかね。
ただ団体客が多すぎだと思います。今回は一人で行ったのですが超肩身が狭かった。次行くときは誰かと行こうと思いました。

瀬戸のかなり山奥に位置していて,歩きで来ている人は多分皆無だと思われます。ほぼ車で来ている人ばかりで,数名が自転車やバイクって感じ。
行った19日時点で紅葉はかなりピーク過ぎている感がありました。今後紅葉を見たいと思ったら京都とか南に行くしかないのか笑

とりあえず,一人旅にしては楽しかったのでざっとハイライトでも書いていきたいと思います。

紅葉

f:id:s7rpn:20151124011004j:plain:w600

紅葉が綺麗。
ただ結構散っていました。先日の雨にやられたんですかね。

でも今日ここへ来た理由は紅葉狩りだけではないんですよね。なのでちょっとくらい紅葉が散っていても気にしない事にしました。
ちなみにライトアップ後にも紅葉の写真を取ったので,あとからまた出てきます。

他の見どころはどこかなって探していると,滝が見られるらしいので滝へ。
何も感想がない。滝。

f:id:s7rpn:20151124010411j:plain:w600

展望台への道のり

実は今日岩屋堂公園へ来たのは,紅葉が見たかったってのもありますが,一番の目的は夕焼けを見に来たんです。 なんとなく夕焼けが綺麗になりそうな空だったので。

というわけで,本日のメインとなるであろう展望台へ。
”滝側からの道は初心者によろしくない,入り口側を勧める”みたいな看板があったけど気にせず進みます。足場がめちゃくちゃ悪いけど頑張るしかない。
展望台へ向かってずんずん進みます。 f:id:s7rpn:20151124011625j:plain:w600

f:id:s7rpn:20151124011729j:plain:w600

途中で遭難したのかと勘違いするレベルで道が崩れてたりしていました。
これよりもっと道っぽくない山をいくらでも登ったことがあるので,まぁ最初はいけるっしょって感じでした。 ただ辺りが暗くなって来ると余裕もなくなり少し不安げに。
結構これやばいっすよと思いながら登ってました。真っ暗になったら帰れる自信はないので。

f:id:s7rpn:20151124011812j:plain:w600
予想が当たって夕焼けがめっちゃ綺麗そうな予感。
ただ展望台にはまだ辿り着きません。

f:id:s7rpn:20151124012541j:plain:w600
上ってたらすごい場所に出ました。木を掴みながら岩を上ると一気に視界が開けたんです。
視界が270度くらい開けてて,山が低い位置ずーっとに広がっているっていう。すごい感動。 もちろん岩から落ちたらただじゃ済まない感じです。
写真じゃよく分からないけどマジで高ぶりました。

f:id:s7rpn:20151124014058j:plain

そしてその場所から見る夕焼け。やばい。ここまで来た甲斐がありました。
展望台へ急ぎます。

そして,展望台へ

やっと念願の展望台につきました。
夕焼けが綺麗で,時間が経つのも忘れてぼーっと夕焼けに見入ってました。
展望台には自分以外誰もいなくて,心行くまで景色を独り占めできます。笑

というわけで,今日一番の景色 はこれですね。
これまで色々な夜景の名所に行ってきましたが,ここまで感動できる風景はなかなかないと思います。
瀬戸から名古屋まで遠くに広がる夜景,山の先には綺麗な夕焼け,眼下には紅葉のライトアップ。 f:id:s7rpn:20151124013438j:plain 最高じゃないですか。

山下り

ただ自分は大きな過ちを犯しました。
夕焼けと夜景を楽しむってことは,もう日没直前ってことです。てことは,真っ暗な山道を下って行かければならないわけです。
正直,真っ暗な山道を自分は下れるか怪しいと思いました。遭難まっしぐらかもしれません。
ライトはiPhoneのフラッシュだけです。しかもさっき先日熊が出没したとかいう看板もありました。

基本夜に山を下るときは来た道を戻るのが鉄則で,通った事のない道をいきなり通るのは危険だと考えられてます。たださっき来た道を下るのはちょっとつらい感じかもしれない。
もう一つの道が舗装されている事を祈って,登って来た道とは違う道で下山する事にしました。

山を駆け下りる

まったく舗装されていない!!酷い道だ
f:id:s7rpn:20151124013754j:plain:w300
無我夢中で駆け下りました。一寸先は闇なので速度出しすぎると落ちて死ぬ
途中岩登ったりした気がするんだけどあれ正しい道なんだよね?

明かりが見えたときはとても安心しました。

夜の山道は危険だ

山道を降りきったら,こんな看板が立っていました。
f:id:s7rpn:20151124015229j:plain:w600
いや聞いてないし。向こうの道から登ったんですけど。

でもこんな看板が立ってるってことは,よっぽど無謀な試みをする人以外はあの綺麗な夜景が見れないんだなぁと思うと,ちょっともったいない気もします。

ただ,正直熟練者じゃないと真っ暗な山道を歩くのはやめた方が良いと思います。
一歩間違えたら誰も助けにこない山道で遭難とかありそうだし,次からは一人で夜の山道を歩く事は避けたいですね。
それでももし行くとしたらiPhoneのライトじゃかなりで心細いので,良いライトを持って行きましょう。笑

ライトアップ

降りた先はどこだここ?って感じでしたが,ちゃんと岩屋堂公園の中に戻って来れていました。 紅葉のライトアップが行われていて,とても綺麗でしたね。

f:id:s7rpn:20151124024120j:plain

f:id:s7rpn:20151124015839j:plain

f:id:s7rpn:20151124022158j:plain

岩屋堂公園名物の橋。ここの景色の写真を大砲みたいなレンズ付けたカメラガチ勢が撮りまくってました。
自分もほぼ同じアングルですが,この写真結構好きです。偶然縦にぶれてしまい,それがなんとなくノスタルジック。

いい日でした。